utitta.jpg


ツイッターは19歳の出会いの場として利用することができる?ということで、この件についてです。

ツイッターとは、SNSの事で、SNSというのは、ソーシャルネットワーキングサイトを略したものになります。

スマホやパソコンからインターネットを通して、そこで不特定多数の人と交流ができるサイトということになります。

どこかに食べにいった食べ物の写真を載せたり、なぞなどや、今流行りのニュースの発信、自分の趣味の発信など、これはもう色々です。

14歳からの使用が可能になっているので、19歳であればしている人も多いのではないかと思います。

文字は140文字以上記載できないようになっているので、ちょっとした会話をするような感覚での使用です。

出会いの場があるの?ということですが、結論からいうとYESということになります。

ですが、注意点もあります。

ツイッターは19歳の出会いの場として利用できるけど注意もある

utitta1.jpg

ツイッターは19歳の出会いの場としても利用することができますが、注意てもあります。

最初にどのように出会うの?ということですが、人の集まりのイベントなどをしている交流会のようなところでの出会いです。

中にはそれを得意とした人もいて、交流の場としてアカウントを作っている人もいます。

例えば〇〇市限定で、集まって遊ぼうなど!ここのお店に集まって美味しいものを食べに行こう!など、そのような場を考えている人もいます。

そのようなところに出向くことで、人との交流をすることができるので、出会いのチャンスも広がることになります。

年代でいうと色々な年代の人がツイッターをしていますが、やはり20代から30代ぐらいがメインになっています。

その中の人の集まりなどに出向くことも有りだと思います。

ですが、出会いのために個人でやり取りする、または1人のみの人とやり取りをする、このような事はしないようにします。

ツイッターを登録すると分かりますが、メールのアカウントのみの登録なので、その人がどのような名前で、どこに住んでいて、何をしている人なのかの所在などがよく分かりません

また顔や年齢もツイッター側では分かりません。

そのような事から責任が個人になってきますので、万が一のためにも1対1での交流は避けるようにしましょう。

やはり誰でも簡単に登録できてしまうので、中にはおかしな人も多くいます。

元々ネットを通じての交流としての場を提供していますが、リアルな交流の場としてはまた違う意味になってきます。

でも中には、変な人が登録できないようにネットを通じて出会う場はあります。

下記にまとめているものがそうなります。

19歳社会人でもすぐに出会いの場が見つかる



スポンサーサイト